就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 働く人が知っておくこと > 就業規則について

働く人が知っておくこと

就業規則について

就業規則とは、会社のルール(決まり事)が記載されたものです。

労働時間、休憩時間、休日、休暇、賃金、賞与、手当、退職などについて
会社のルールが記載されていて、この内容に基づき
会社が運営されていると言うことになります。

働く人にとっては、会社がどのようなルールを決めているのか、
その具体的な内容を知っておかなければなりません。

そこで、就業規則の中身をご紹介すると共に
その他、会社のルールと呼ばれるものとの関係を
比較したいと思います。

法律では、1つの職場(支店、営業所ごとに)10人以上の従業員が
所属する場合には、就業規則を作成し、
役所に届け出なければならないとされています。

10人未満の職場の場合は、法律では、作成することが
義務づけられていませんが、作成した場合には、
就業規則として認められています。

会社が勝手に作成や届け出をして良いものではなく、
作成、変更する際には、従業員の代表の意見を
聞かなければなりません。
また、常に従業員が就業規則の内容を確認できるよう、
就業規則を職場に掲示したり、備え付けたり又は各従業員に
書面として配布しなければなりません。

このような就業規則の取り扱いについて、法律では罰則を設けています。
それほど、就業規則は重要なものなのです。

 

就業規則には、次のような内容が記載されています。

  勤務内容
・始業及び終業時間
・休憩時間
・休日
・休暇
・社員を交替勤務で就業させる場合は、就業時転換に関する事項

◆給与関係
・給与の決定方法
・計算及び支払いの方法
・給与の締め切り及び支払いの時期
・昇給

、退職に関すること(解雇に関する内容も含まれます。)

ぁ退職金

ァ⊂淪燭覆瀕彁の賃金、最低賃金

Α∀働者が負担する食費や作業用品その他の負担

А安全衛生に関すること
(健康診断の取り扱いなどが決められています。)

─⊃Χ鳩盈に関すること

、災害補償・傷病扶助に関すること
(業務上、ケガをした際の会社の対応などが決められています。)

、表彰・制裁に関すること

、その他会社で決められているルール

この中で,らは、必ず就業規則に
記載されていなければならない内容です。

いらについては、会社としてルールを設けている場合には、
それぞれ内容について就業規則に記載されていなければ、
会社のルールとして成り立たないことになります。

さて、会社のルールを記載したものとして、就業規則の他に
従業員ごとに勤務条件が記載された労働契約書
労働組合と会社が勤務条件等について、取り決めをした内容が
記載された労働協約、そして法律があげられます。

中小企業では、労働契約書、就業規則、法律が会社のルールを
決めており、大企業では、3つのルール以外に労働協約が含まれて
全部で4つのルールがある訳です。

1つの項目について同じ内容が決められていれば、
問題ないのですが、そうでない時があります。

例えば、休憩時間、法律では45分以上の休憩を
取るように決められているけど、労働契約書では、
30分と記載されていて、その内容で
会社と契約してしまったみたい・・・。

こんな場合は、休憩時間は、どのように考えれば良いのでしょうか?

法律では、労働契約書より就業規則の方が効力が強く、
また就業規則より労働協約の方がさらに効力が
強いものとされており、そして、そのいずれの内容も
労働基準法に反することはできないとされています。


 労働契約<就業規則<労働協約<法律

労働協約、就業規則、労働契約書の中に
法律に違反する部分があれば、その部分は、無効となります。

同じように、就業規則、労働契約の中に労働協約に
違反する部分があれば、その部分は、無効となります。

労働契約の中に就業規則に違反する部分があれば、
その部分は、無効となります。

では、先程の休憩時間は・・・法律の決められている内容の
最低45分は、休憩時間と取ることになりますね。


労働契約書、就業規則は、仕事をするあなたの勤務条件を
決めている重要な書類です。必ず内容をよく確認しましょう。
それが、仕事に対する不満、不安を失くすことに繋がるはずです。



お祝い金がもらえるアルバイト・パート求人情報サイト【くるくるバイト】


『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』