就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 会社選びのポイント > 求人情報から分かることとは?

会社選びのポイント

求人情報から分かることとは?

仕事探しでは、まず自分が働く際の希望条件を絞り、
実際に求人情報から仕事探しをしていく訳ですが、
希望条件だけに注意してしまったり、
求人広告に記載されている情報を大まかに見て、
その印象だけで求人に応募するのは、
仕事、会社選びの失敗となります。

求人情報のそれぞれの内容をチェックして、
そしてあなたの希望条件と比較して会社選びを絞ることが
仕事探しの基本です。
ここでは、求人情報に記載されている内容で注意するべき点を
ご紹介していきます。

 

求人情報には、その会社で働いていく上での
様々なルールなどが記載されており、
仕事探しをする人にとって、その会社で働くイメージを
思い浮かべるような情報が掲載されています。

仕事探しをする人には、ぜひ求人情報の掲載内容の意味を
十分理解した上で仕事探しを始めることが必要です。

それでは、求人広告に記載されている内容を
各項目ごと注意点をまとめていきます。

募集職種

会社によって仕事の内容に差があることがあります。
また、○○プランナーや○○カウンセラーとあっても、
仕事内容が企画職や指導、相談職ではなく、
販売職や営業職であることが多いので
見慣れない職種名やカタカナ表記の職種名など不明な点は、応募前に
会社に問い合わせるようにしましょう。

事業内容・仕事内容

事業内容や仕事内容を読んでも何をする会社なのか不明なら、
具体的な取り扱い商品や対象顧客などを電話等で
問い合わせてみましょう。
特に未経験の仕事に応募しようとする場合には、仕事内容を
十分確認した上で応募することが大切です。

勤務地

勤務地が複数あれば、配属は会社の指示に従うのが基本です。
本人の希望を考慮する制度の有無は会社により違いますので、
複数勤務地があればその点を確認しておく必要があります。

また、勤務地、部署の設備や役割の違いで仕事内容に
差が出ることもありますので、勤務地に希望がある人は
十分注意しましょう。

雇用形態(働き方)

社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど仕事の働き方が
記載されています。
待遇、収入面で違いがありますので、それぞれの働き方について
調べておく必要があります。

また、代理店契約や委託契約と言った特殊な仕事の契約方法が
記載された求人もありますので、
このような記載がある求人情報に応募することを考えている人は、
応募前に問い合わせしておく必要があります。

応募条件(応募資格)

この条件に合う人なら応募を受け付けると言った内容が
記載されています。

記載内容として年齢や仕事経験、所持資格、スキルなどがありますが
だいたいの基準として記載されているケースがありますので
条件に合わなくても簡単に諦めてはいけません。
自己アピールなどを踏まえて、選考対象にしてもらうよう
問い合わせてみましょう。
問い合わせるだけで、あなたの仕事に対する意欲として
評価してくれる会社が多いと思います。

給与

記載金額は、会社から支給する金額を指し、
そこから税金や保険料などが引かれた金額が
本人が受け取る金額になりますので、注意してください。

また、歩合給や出来高給がある場合には、
その給与金額の計算根拠を面接などで確認しておいた方が
良いと思います。

賞与について、『賞与3ヶ月分』は、『給与3ヶ月分』ではないので
給与金額から手当を差し引かれた金額(=基本給)を
意味している場合があります。

待遇(福利厚生)

加入保険制度や通勤手当などの福利厚生について記載されています。
通勤手当については、全額支給されるとは限りません。
求人情報で必ず確認しておいてください。

退職金を支給している会社もありますが、会社によって
『勤続3年以上に支給』と言った退職金支給条件もあり
求人情報にも記載しているパターンもありますので、
チェックしておきましょう。

勤務時間

求人広告には、会社全体の始業時間と終業時間が
記載されているのが普通です。
アルバイト、パートで仕事に働く人は、実際に勤務する時間を
確認しておいて下さい。
また、残業時間の記載があるものもありますが、
だいたいの時間として考えておいた方が良いでしょう。

最近、勤務時間記載欄に『フレックスタイム制』や
『変形労働時間制』と記載された求人情報がありますが、
これは、勤務時間を年・月・週などの単位で
合計勤務時間数を考える制度です。
応募先にそのような時間制度を利用している場合は、
時間制度の中身を確認しておく必要があります。

休日、休暇

『完全週休2日制』と『週休2日制』は意味が違います。
『完全週休2日制』は、毎週2日間休めますが、
『週休2日制』は2日間休める週が1ヶ月に1回以上あることを
言うこともあります。

また、曜日が記載されていないのに、
土曜、日曜が休めると思ってはいけません。

休日についての希望を仕事探しで優先的に考えている人は、
応募前に確認しておきましょう。

応募方法

『電話後、面接(応募書類持参)』と言った応募方法の記載が
あるものは、欠員募集など急ぎの求人が多いようです。
もちろん、急募の記載されているもの同様です。

このような求人に、応募する段階で仕事をしているような人は
即時入社が困難なことと出社可能日を伝えて、選考対象になるかどうか
確認することが採用時のトラブル防止になるでしょう。

また応募が電話での応募の場合、
そのかけた電話から一次選考となることが多いので、
マナーには気をつけたいところです。

試用期間

試用期間について、求人広告に記載されていない場合もありますが、
試用期間がないと思い込まないように注意して下さい。
ほとんどの会社が試用期間を設けています。

面接で試用期間の有無、期間の長さ、その間の給与などの待遇面も
確認しておきましょう。

会社名・所在地

求人広告に記載してある所在地が本社、勤務地でないかもしれません。
また、人材募集を別の会社が代行している例や応募期間中だけ臨時に
設けられた電話番号などもあります。

求人広告記載の会社所在地や電話番号は、応募に関する連絡先で
あることを理解しておきましょう。
なお、担当者名が入っている場合には、電話問い合わせも
その人に連絡するのが仕事探しでのマナーです。

交通手段

記載されている内容が勤務地ではなく面接地の場合もあります。

交通手段として、車やバイクを希望している人で、
求人広告にそのような内容が記載されていない場合には、
応募前に確認すると良いでしょう。

会社概要

主な記載内容は、下記のような意味を指します。
「創業」  ・・・ 事業の開始 
「設立」  ・・・ 組織が法人(株式会社や有限会社など)になること
「社員数」 ・・・ 社員の数
「従業員数」・・・ アルバイトなども含めた人数

会社のコメント

経営のモットー、社風や職業環境、人材に対する考え方、経営実績などが
記載されていたら、それを参考にして自己PRや志望動機を
作成してみても良いかもしれません。


最後に問い合わせについてお話しておきます。
問い合わせ方法としては、採用担当者へのメール又は電話ですることに
なりますが、どちらで問い合わせるにしても、
それ自体が採用試験の選考と考えて、簡潔に要件を伝えるなど
ビジネスマナーには注意しましょう。

また、問い合わせ内容には、応募前に問い合わせをして良いものと
(最終)面接時に確認したいものがあります。

応募前に問い合わせをしても良いもの
・募集職種の仕事内容
・仕事内容に関連した詳しい事業内容
・応募条件や選考対象になるかどうか
・面接日時や入社日の調整が可能かどうか
・勤務地(配属)が希望できるか

(最終)面接時に確認したいもの
・具体的な給与額
・福利厚生や待遇の詳細な内容
・残業の有無や程度

求人情報やホームページに記載されているような内容を
問い合わせするのは、採用担当者の印象を悪くします。
必ず問い合わせの前に求人情報や企業ホームページを確認してから、
問い合わせするようにしましょう!


求人
求人ならall engineer

 

『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』