就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 会社選びのポイント > 会社の種類でこんなに違う

会社選びのポイント

会社の種類でこんなに違う

仕事の仕方や常識など仕事環境は、会社の大きさだけでなく
会社の種類でも大きく異なります。

それでは、会社の種類でどのような特徴があるのか、
実際に働く人に関する部分を中心にご紹介していきたいと思います。

実際に働く場合、あなたに一番、相性が合うものを探してみてください。


外資系企業

 

外資系企業とは、日本国外に本社があって、日本国内に子会社や支社を
持つ企業を言います。その為、会社環境全般において、
外国本社の影響を受けることになります。

外資系企業の大きな特徴として、キャリア(職業経験)の早いタイミングで
大きな実績となるような業務にチャレンジする機会が与えられ、
その機会で上手く実力を出すことができれば、高く評価され、
より大きな権限を与えられることになります。
また、待遇面は充実しており、給与額も高額が期待できます。

一方で、早いタイミングで会社にできる人、できない人という部分で
選別されてしまうということにもなります。
徹底した実力主義の集団が外資系企業と言えます。

仕事内容としては、一定の職務を専門的に深く掘り下げていくことが多く、
自分の専門分野を持ち、さらに深めて行くことができます。


ベンチャー企業

 

ベンチャー企業とは、日本企業の1つとして当てはまりますが、
新しいアイデアや技術によって新しく事業を起す企業を指す
と言われています。会社設立間もない若い会社です。

このような会社は、職務範囲の広さに大きな特徴があります。
経理職の人が総務、人事、さらに営業事務を1人で行うことがあります。

また、外資系企業と同じく仕事において、
早い時期に大きな責任を持つ機会があります。
これは、外資系企業より早い段階で訪れることもあります。

給与面や福利厚生面では、会社によって
大きくバラツキがあると思いますが、
早期に管理職として、会社の経営に携われるという、
ベンチャー企業でしか味わえない面があります。


日本企業

 

日本国内に本社がある会社を指し、会社の規模は
様々ですが、私たちが働くことになる多くの会社が
これに当てはまります。

特徴としては、倒産やリストラにより失職が少ないことがあげられます。
また、給与面では、劇的な変化は望めませんが、その代わり
給与金額が減らされてしまうといった事が滅多に見られません。

但し、実績など個人の評価に対して積極的に行わない部分があり、
早期に出世や権限ある立場に就くことが
見られない会社が多いようです。


このように、日本企業と外資系企業では、
会社環境に大きな違いがあります。
仕事探しの上で採用後の職場環境も考え、会社選びをしましょう。



国内最大級の事務系求人情報サイト「ワークゲート」
全国の8000件を超す求人情報が職種や勤務地、雇用形態から
簡単検索できるだけでなく、
MY履歴書を登録すれば、
企業からのスカウトメールを受け取ったり、
気になる求人情報をスクラップしたりと
あなたのお仕事探しを強力バックアップ!


『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』