就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 転職サイトの特徴 > 転職サイトからの応募のポイントとは?

転職サイトの特徴

転職サイトからの応募のポイントとは?

転職サイトから求人情報に応募する際の応募用フォーマットは、
履歴書と職務経歴書を兼ねているものになっています。

ここでは、転職サイトから求人情報に応募する際の応募用フォーマットの
作成ポイントを、特に職務経歴書に関する項目について、
具体的にご紹介していきます。

紙に作成する職務経歴書と比べてどのような点に
注意すればよいでしょうか?
これからご紹介する内容を基に応募資料を作成してみてください。
仕事探しをするライバルに差をつけることができます。

 

履歴書には、名前や生年月日、住所や連絡先、持っている資格などの他
学歴といままでの勤務先を時系列に書き込んでいました。
そして職務経歴書には、これまでの経験してきた仕事内容を
記載していきます。

転職サイトで求人に応募する際には、応募用入力フォーマットに
履歴書と職務経歴書に近い情報を正確に入力して送信していくわけです。

 

応募用フォーマットでは、履歴書に近い情報は、
選択式になっており、比較的入力しやすくなっていますが、
職務経歴書に近い内容は、やはり紙の職務経歴書と同じように
記述式で入力させる項目が多くなっています。


ネット上で作成する場合でも、まず職務経歴書は、
相手に読んでもらうものですから、
読みやすく、わかりやすいことが大切です。
さらに、中途採用の性格上、「即戦力で頑張れる人」を
採用しようとするケースが多いことから、採用担当者にアピールする
職務経歴書として、これまでの仕事経験を数値や結果内容を
具体的に記入していきましょう。

転職サイトの応募用フォーマットに作成する職務経歴書では、
紙に書く職務経歴書と異なり、大きな文字やアンダーラインなどを
使って読みやすくするような工夫はできませんので、

入力するときは、より読みやすくなるような文字を
配置していくことも大切です。
どんなに魅力的な職歴であっても、採用担当者に伝わる職務経歴書を
作成しなければなりません。
読みやすく、分かりやすく作成すること、とても大事なことです。


それでは、転職サイトの応募用フォーマットでの
具体的な職務経歴の作成方法ですが、次の2つがあげられます。

 ∋系列で、1つの職歴ごとに区切り、読みやすく記入する。

◆△海譴泙濃纏の中で努力や工夫した事について、イメージが
  伝わるように記入する。

この2つのポイントに沿って、まずノートなどに書き出してみてください。
書き出す時は、できるだけ数値などを使い、
具体的に表現するようにしましょう。


職務経歴項目には、備考欄が用意されていることがあります。
備考欄も当然有効に利用していきたいところです。
職歴の浅い人の場合は、アルバイトでの職務経歴を備考欄に
記入するのもアピールとして、
採用担当者の良い印象を与えるものになるでしょう。

その他にも備考欄で、職務経歴の中で応募する仕事に
活かせそうな職務経験をさらにアピールするのも1つ利用方法です。

ただし、備考欄はスペースが非常に狭いものが多いので、
簡潔な文章でまとめるようにしましょう。


   
インディビジョン[転職]
国内の大手転職サイトとハローワークの求人案件を一括検索


『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』