就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 転職サイトの特徴 > 求人情報の取扱いについて

転職サイトの特徴

求人情報の取扱いについて

求人情報件数が多い転職サイトでは、
1度に何千件もの求人情報が掲載されてます。

利用者は、検索機能を使い、自分の希望条件に合う求人情報を
絞り込んでいくわけです。本格的な仕事探しの始まりです。

ところで、検索機能を利用して、その結果表示される順番は、
何か理由があるのでしょうか?
希望条件に合う順番から掲載されているのでしょうか?

ここでは、転職サイトの求人情報の掲載方法についてご紹介します。

 

検索機能によってある程度、
絞り込めれば求人情報の比較検討はできますが、
絞り込むことができない場合もあります。
希望条件に合う求人情報が数十件となることは良くあることですね。

そこで注意したいのが、
転職サイトの求人情報の掲載方法は、新卒サイトと同様に、
大きなスペースの広告を出している企業の募集情報が
優先的に上位に掲載されています。

さらに、その順番はサイトを見るたび掲載位置が
変わっていることが多いのです。


これは、検索機能が用意されているとは言え、利用者にとっては、
同じ求人情報を探すのには、大変不便な構造となっています。

しかし、転職サイトでは、このような不便を解消するために、
気になる求人情報を保管できる機能を持っているのです。
この機能を利用すれば、気になる求人情報だけをあらためてじっくり
確認することが可能になる訳です。

これは、転職サイトごとに名称が異なっていて、
リクナビNEXTでは、「求人情報をクリップする」
毎日キャリアナビでは、「検討リストに保存」
そして、〔en〕社会人の転職情報では
「検討中フォルダに追加」と呼んでいます。

リクナビNEXTを例にご紹介すると、
求人情報ページの右上に「求人情報をクリップする」ボタンがあります。
後でまた同じ求人情報を見たい場合には、このボタンを選択します。

そして、リクナビNEXTのトップ画面の「求人情報をクリップする」を
選択すると、求人情報ページで「求人情報をクリップする」を選択した
求人情報のみを一覧として表示され、
見たい情報を簡単に見ることができるのです。


求人情報の掲載順序は常に入れ替わる、
そして、見たい求人情報は保管でき
それだけを見ることができる機能がある。

これだけのことを知っておくだけでも転職サイトで
効率的な仕事探しを可能にするはずです。 



転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』