就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 転職サイトの特徴

転職サイトの特徴

新卒サイトとの違いとは?

転職サイトは、正社員の中途採用情報が掲載されたサイトを言います。

代表的なのは、リクルート社の「リクナビNEXT」や
毎日コミュニケーションズ社の「毎日キャリアナビ」、エンジャパン社の
「[en]社会人の転職情報」などがあげられます。

また、「とらぱーゆ*net」のように女性を対象とした
正社員からアルバイトまでの募集情報を掲載するサイトや
社会人経験3年までの若い世代の仕事探しの人を対象とした
「リクナビNEXT第二新卒」と言ったサイトなど、
特定の対象者に向けた採用情報を掲載するサイトも
数多くあるのが特徴です。

それでは、新卒サイトとの比較も含めて、
転職サイト全般を詳しく見ていきましょう。

「新卒サイトとの違いとは?」詳細はこちら

企業に売り込むことができる

転職サイトでは、新卒サイトと大きく違う点があります。
それは、
『企業に対し、より自分を売り込んでいける点』があります。

これは、代表的な機能を見ていただければ分かると思います。
『売り込んでいけるサイト』としてどんどん進化している
転職サイトの中身を見ていきましょう。

「企業に売り込むことができる」詳細はこちら

絶対利用したい便利な機能とは?

これまでは、中途採用の情報源としては、書店やコンビニなどで
売られている有料の転職情報誌が主流でした。

今も転職情報誌自体は売られていますが、やはり、
ネットを利用した転職サイトが主流になりつつあります。

これは、転職情報誌に比べ転職サイトの方が、仕事探しの上で
便利になってきていることを意味しています。

ここでは、転職サイトの便利な機能として、
ぜひ利用したいものをご紹介します。

「絶対利用したい便利な機能とは?」詳細はこちら

求人情報の取扱いについて

求人情報件数が多い転職サイトでは、
1度に何千件もの求人情報が掲載されてます。

利用者は、検索機能を使い、自分の希望条件に合う求人情報を
絞り込んでいくわけです。本格的な仕事探しの始まりです。

ところで、検索機能を利用して、その結果表示される順番は、
何か理由があるのでしょうか?
希望条件に合う順番から掲載されているのでしょうか?

ここでは、転職サイトの求人情報の掲載方法についてご紹介します。

 

「求人情報の取扱いについて」詳細はこちら

転職サイトからの応募のポイントとは?

転職サイトでは、掲載されている求人情報に
直接、応募することが可能です。

ここでは、転職サイトから応募する際の
注意したいポイントをご紹介します。

転職サイトから送信する応募資料が採用試験のスタートとなります。
仕事探しをするライバルに負けないためにも
完璧な応募資料を作成しましょう。

 

「転職サイトからの応募のポイント...」詳細はこちら

転職サイトからの応募のポイントとは?

転職サイトから求人情報に応募する際の応募用フォーマットは、
履歴書と職務経歴書を兼ねているものになっています。

ここでは、転職サイトから求人情報に応募する際の応募用フォーマットの
作成ポイントを、特に職務経歴書に関する項目について、
具体的にご紹介していきます。

紙に作成する職務経歴書と比べてどのような点に
注意すればよいでしょうか?
これからご紹介する内容を基に応募資料を作成してみてください。
仕事探しをするライバルに差をつけることができます。

 

「転職サイトからの応募のポイント...」詳細はこちら

転職サイト応募用、自己PR作成方法

転職サイトの応募用入力フォーマットは、求人募集企業によって
入力項目内容にバラツキがあります。

入力項目に自己PR欄があれば良いのですが、
入力欄がない場合はどうすれば良いでしょうか?

自己PRは、仕事探しをするライバルに差をつけるために
ぜひアピールしたい項目です。

ここでは、応募用入力フォーマットに記載する自己PRの
上手な作成方法をご紹介します。
自己PRと志望動機は、書類選考の合否を決める
2大項目です。ぜひ、きちんとアピールが伝わる自己PRを
作成したいものです。

 

「転職サイト応募用、自己PR作成...」詳細はこちら

転職活動全般で心がけたいこと

転職サイトから応募し、企業側から何らかの連絡があるはずです。
連絡があった場合の対応は、どのように行えば良いでしょうか?

このような時に仕事探しをする転職者が
心がけておきたいことを紹介します。
これは、転職活動全般を通し、心がけたい大切な事です。

最終選考に残った人数が10名、そして求人募集人数が2名、
採用担当者は、1名の採用を決めましたが、
残り1名が絞り込めません。

そんな時、採用担当者の気持ちを動かす方法です。
ぜひ、実践してみてください。

 

「転職活動全般で心がけたいこと」詳細はこちら

転職活動で忘れてはいけないこと

転職活動は新卒者の就職活動に比べ短期決戦と言えますが、
そのスピードを気にするあまり、仕事探しの基本と言うべきことが
おろそかになってしまい、採用と言う良い結果に
結びつかないことが多くあります。

仕事探しの基本的な部分、特に転職活動でも忘れてはいけない部分を
ご紹介していきたいと思います。

 

「転職活動で忘れてはいけないこと」詳細はこちら