就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 理想の仕事を探すには? > 求人情報源の特徴とは?

理想の仕事を探すには?

求人情報源の特徴とは?

求人情報源とは、求人広告を掲載している情報元を意味し、
主なものとして、
新聞や求人情報誌、フリーペーパー、インターネット、ハローワーク、
人材紹介会社、人材バンクなどがあります。

それら求人情報源の特徴を活かした仕事探しをしなければ、
いつまで経っても希望の仕事が見つからないかもしれません。

そこで、求人情報源それぞれの特徴をご紹介します。
ここでお伝えする内容を基に求人情報源を活用してみてください。

主な求人情報源としては、下記のものがあげられます。

新聞


一般誌では、総合版として
(専門的な業種やサービス業の募集は少ないが)職種に偏りはなく、
社員、派遣社員、アルバイトの求人広告が掲載されています。
また、専門誌では、特定の業種、業界のみの求人広告があり、
就職先として、希望する業界がある人は、チェックしておく必要があります。

地方誌では、地域限定求人が多いことがありますが、
一般誌や専門誌は、大手企業や高待遇の求人が多いところがあります。
但し、求人広告掲載件数が他の情報源に比べると少ない部分があります。

転職情報誌


転職情報誌は、分野ごと求人広告が整理されていて、掲載件数も多く、
様々な職種を探すことができます。
また、各種情報誌ごと掲載基準があり、情報内容が揃っている為
応募条件や待遇の比較検討しやすい。
掲載企業も大手やベンチャー企業が多いのも特徴の1つです。

また、転職活動に関する掲載もあり、情報誌掲載内容全て活用できます。
勤務地限定の方には、勤務地限定版を利用しないと、希望条件に見合う
求人情報は見つからないかもしれません。

求人広告チラシ、フリーペーパー(無料の求人情報誌)


フリーターや主婦層を対象とした地元密着型や接客サービス系の
求人広告の掲載が多く、その分、近隣で未経験者が
応募しやすい求人情報が多い。

フリーペーパーでは、地域、雇用形態(正社員用、アルバイト用)ごとに
作成されたものが多く、企業規模も、大企業から中小企業まで
掲載されています。

掲載広告に求人条件が詳しく記載されていないものもありますが、
勤務する地域を決めて仕事を探す場合には、ぜひ利用したい情報源です。

ハローワーク


パソコンによるハローワーク独自の求人情報を検索、応募することが
できます。また就職支援の相談にも応じてもらえます。

正社員、派遣社員、アルバイトなどの雇用形態を問わず、地
域についても指定して仕事を探すことができます。
大企業の求人もありますが、中小企業の求人がメインになります。
その為、待遇面でやや我慢するような求人もありますが、
様々な仕事の求人募集を探すことができる点は魅力です。

人材紹介会社、人材バンク


これまで身につけた技術、資格や経歴や希望条件を登録し、
人材紹介担当者と面談を行い、希望に沿った仕事を
あなたに代わって人材会社が探し、仕事の紹介をしてもらえます。

上級管理者、極秘プロジェクトの技術者などについては、
紹介を受けるまで時間がかかりますが、
効率的な転職活動が可能です。
紹介費用は、採用側が負担します。

これまで業務実績、能力等が問われる為、
人材紹介会社を利用するのに躊躇することもありますが、
紹介企業は、主に大手企業やベンチャー企業であり、
高待遇で採用されることが多いのことがあり、
利用者にとって、この点も魅力の1つです。

転職イベント


公的機関や自治体、業界団体の主催による転職フェアや
合同会社説明会などを指します。
複数の求人企業ブースで、採用担当者と直接話せる機会があり、
詳細な事業内容や求めている人材など様々な情報を
入手することができます。

ほとんどのイベントが入場無料であり、
採用活動に積極的な企業が参加することが多いのも特徴です。
多くは社員募集企業のイベントが目立ちます。

インターネット


インターネットを使った仕事探しには、2つの方法があります。

ヾ覿肇曄璽爛據璽犬鰺用する場合

求人情報サイトを利用する場合

ヾ覿肇曄璽爛據璽

具体的に就職を希望する会社があるなら、直接検索エンジンから社名を
入力してホームページを探す方法があります。

企業のホームページには、採用情報を掲載している場合が多く、
また、採用情報から応募することも可能な企業もあります。
経営方針や、会社概要を知ることもでき、
希望する会社が決まっている方には、
ぜひ利用したい仕事探しの方法です。


⊇⊃Α転職情報サイト

正社員、派遣、アルバイトなど雇用形態(雇われ方)によって
いくつかの種類に分かれ就職、転職情報サイトがありますが、
企業の規模に問わず多くの企業から求人情報を検索、
応募することができます。
また各就職、転職情報サイトには、仕事を探す上で非常に便利な機能が
数多く設けられています。

また、新卒対象求人については、
インターネットの就職情報サイトでなければ求人応募を受け付けないと
言った企業も少なくありません。

このように多く求人件数と効率的な仕事探しの機能を持った
求人情報サイトは、現在、仕事探しの上で最も利用すべき
求人情報源と言えるでしょう。


以上のように求人情報源は、それぞれ強みを持っています。
あとは、あなたが希望する仕事を見つけやすそうな求人情報源を
選ぶことになりますが、求人情報源を1つに絞って仕事を探すのは
危険です。

会社の採用募集は、非常に多様化しています。
管理職経験者は、人材紹介会社を利用して、それ以外の求人は
ハローワークで募集をしたりすると言った事や
これまでとおり、ホームページがあるにもかかわらず、
求人は新聞のみと言ったケースも見受けられ、
仕事を探す側としては、2つ以上の求人情報源を利用しないと
希望する仕事に、巡り合うことが出来ない可能性があります。

それでは、複数の求人情報源の中から
必ず利用しなければならない情報源として、どれを選ぶべきでしょうか?

それは、就職、転職情報サイトが挙げられます。
その豊富な求人情報数とそして最新求人情報が見ることができる、
この2点のメリットを時間を問わず簡単に見ること出来る点は
無視できません。

就職、転職情報サイトと
希望する仕事を見つけやすそうな求人情報源を
組み合わせるのがベストと言えるでしょう。


お仕事探しをするならジョブリンク!!
派遣の登録・お仕事検索をするならジョブリンクがオススメ。
5社の派遣会社に一括登録できるし新しいお仕事がいっぱい!
⇒詳しくはコチラから

『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』