就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 面接攻略法 > 集団面接と集団討論(グループディスカッション)突破術

面接攻略法

集団面接と集団討論(グループディスカッション)突破術

新卒者の採用試験に多い集団面接と集団討論ですが、
自分より能力がある人や経歴を持っている人と
一緒に面接、討論をする場合があります。

しかし、そのような人がいても、全く心配する必要はありません。
面接官は能力、経歴の差は、気にしていません。
面接官は、応募者が集団の中でいかに自分をアピールできるかを
見たいのです。
では、集団面接と集団討論の対策を考えていきましょう。

 

集団面接は、会社側にとっては、面接時間も短縮できて、
受験者の比較がしやすいといったメリットがあります。
その為、仕事探しをするあなたがまわりのライバルと差をつけるために
積極的に自分をアピールすることが重要です。

しかし、あまりにも積極的に目立つことばかりを考えてしまい、
ほかの人の発言時間がなくなってしまうようなことがあると
協調性が疑われてしまう恐れもありますので、
少し『引く』気持ちも必要になります。


集団面接でよくある事として、質問に対して自分と同じ意見を
先に言われてしまうことがあると思います。
そんな時、その場で別の意見を出そうとしないで
同じ意見であっても、自分はなぜ、そういう意見を持っているのかを
きちんと伝え、面接官を納得させれば良いのです。


集団討論は、会社にとって、受験者それぞれの性格や
知識、思考の傾向をはかるとともに
協調性や発言力、グループ内での行動傾向も把握できるので、
集団討論を採用試験で導入する会社が増えてきています。

形式としては、予めテーマが用意され、受験者から司会者を選出し
進行させるパターンで、時間は30分〜1時間くらいが多く
1つのテーマに沿って討論していきます。
また、テーマを集団討論参加者に決めさせることもある。

ここでは、集団討論対策として、
討論テーマ別に効果的にアピールする方法をご説明します。


 ∋事問題や社会問題

出題例:「環境破壊」「少子化問題」「介護問題」

まず、一般常識が試されます。
ある程度、知識を持っておく必要があります。
実際の討論では、自分の意見を積極的に発言していく姿勢と
他人の意見をしっかり聞いて、限られた時間の中でグループ意見を
まとめるためにどのような役割を果たすかが評価されます。


◆日常的な話題

出題例:「ダイエット」「携帯電話のマナー」「脳内ゲーム」

このようなテーマは、特に知識の差は問題になりません。
身近でわかりきったようなテーマを
いかに多角的に分析して発言できるか、
散漫になりがちな参加者の発言をどのように結論に導くかが
評価されます。

注意したいのは、日常的な話題になると、
次第に「おしゃべり」になってしまい
言葉づかいが乱れてしまうことがあります。
これは、明らかに減点対象となりますので気をつけてください。


、ビジネスの実践的課題

出題例:「これからの○○業界に必要なものは」
「資材を安く調達するには」など仕事に直結する内容

テーマとして、個々の参加者の意欲、意識レベルが評価されます。
その為、業界研究、仕事研究を十分準備しておく必要があります。
また意見として、実際に自分が働くイメージを持って発言していき、
積極的に討論を進めていきましょう。

その他評価のポイントとしては、ビジネス常識、金銭感覚、
職種への適性があげられます。


3万人の若者が利用する≪いい就職プラザ≫では
第二新卒者・既卒未就職者・新卒大学生のための
就職支援・個別相談を行っています。


『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』