就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 採用担当者対策 > 応募フォーム、エントリーシートでアピールしよう!

採用担当者対策

応募フォーム、エントリーシートでアピールしよう!

就職、転職サイトからの応募では、
採用担当者は、応募者と一度も会っていないのに、
ましてや、声さえも聞いていないのに、
「前向きな人」「真面目で誠実そうな人」と言った求める人材を
どうやって見つけ出すのでしょうか?

求人募集段階で採用担当者の手元あるのは、
応募フォーム又はエントリーシート記載資料です。
この資料だけで『採用したい人』の上位に選ばれれば良いのです。

それでは、『採用したい人』は応募フォームやエントリーシートで
どのようなアピールをしているのでしょうか?ご紹介したいと思います。

応募フォームやエントリーシートには、
学歴や資格を記載する欄がありますが
それだけで選考の合否が決まる訳ではありません。

むしろ、
応募フォームやエントリーシートで最重要項目は、自己PR欄です。
最低でもこの欄を記載する時は、決して手を抜いてはいけません。

また、自己PR欄がない場合も自由にコメントを記入できる欄が
質問欄くらいしか用意されていない応募フォームであっても、
質問欄を利用して、しっかりと挨拶メッセージと自己PRを送信してくる
応募者が現実にいるのです。

この差です!
採用担当者は、自己PR欄や自由記入欄の記載内容から
応募者の『対応の仕方』や『応募の姿勢』の違いを感じ取り
応募者を選別していくのです。

質問欄や自由記入欄を利用して、自己PRを記載する時は、
挨拶文をまず記入するのが基本です。
その後、自己PR文章を記入し最後に記入日、氏名を入力しましょう。

また、記入欄の入力スペースが狭い場合も多いですが、その場合は、
シンプルでわかりやすい文章にしておけば良いと思います。

応募フォーム、エントリーシートは、
仕事に対する前向きな情熱を記載しましょう!

→採用担当者が注目していること


Web求人はデジタルスケープ
WEB業界の転職ならデジタルスケープ、求人数TOPクラス

『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』