就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 採用担当者対策

採用担当者対策

ネット応募で大切なこととは?

就職、転職サイトでは、求人にいつでも応募することができるのが
大きなメリットですが、ネットで応募すると最初の選考も
ネットで行われることになります。
その選考は、採用担当者が行うことになります。

そこで、採用担当者の心理、視点
そして具体的なネットでの選考方法を知ることで、
あなたがネット応募で、するべきアピールが見えてくると思います。

それでは、ネットで採用を勝ち取る為の採用担当者対策をご紹介します。

 

「ネット応募で大切なこととは?」詳細はこちら

採用担当者の気持ちを掴む応募者になろう!

履歴書を郵送する応募であっても、ネットを使った応募であっても
会社が求める人材は変わりありません。

求める人材は、
『前向きな人』『真面目で誠実な人』です。

これは、どの業種の会社でも共通していることです。
このことを頭に入れて仕事探しをすることで大切ですが、
それだけでは、ライバルと差がつきません。

ライバルと差をつけるには、採用担当者の心理を読み取ることです。
ここでは、求める人材として、ライバルにさらに差をつけたいと思います。

 

「採用担当者の気持ちを掴む応募者...」詳細はこちら

応募フォーム、エントリーシートでアピールしよう!

就職、転職サイトからの応募では、
採用担当者は、応募者と一度も会っていないのに、
ましてや、声さえも聞いていないのに、
「前向きな人」「真面目で誠実そうな人」と言った求める人材を
どうやって見つけ出すのでしょうか?

求人募集段階で採用担当者の手元あるのは、
応募フォーム又はエントリーシート記載資料です。
この資料だけで『採用したい人』の上位に選ばれれば良いのです。

それでは、『採用したい人』は応募フォームやエントリーシートで
どのようなアピールをしているのでしょうか?ご紹介したいと思います。

「応募フォーム、エントリーシート...」詳細はこちら

採用担当者が注目していること

これまでにお話したとおり、応募フォームやエントリーシートが
採用選考の材料として重要な資料となるわけです。

しかし、立派な応募フォームができても、それだけでは採用を
勝ち取ることはできません。

ネットでの応募から始まる採用試験では、
採用の合否が決まる最終段階まで
常に応募者個人の姿勢に採用担当者は注目しています。

ここでは、就職、転職活動全体を通じて、
求人応募者が注意するべき点をご紹介します。
採用を勝ち取るまで、応募者が注意することは何でしょうか?

「採用担当者が注目していること」詳細はこちら