就職、転職サイトでの仕事探しの方法、就職、転職活動の役立つ情報

賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法 > 新卒サイトの特徴 > 2つの新卒サイトを利用しよう!

新卒サイトの特徴

2つの新卒サイトを利用しよう!

各会社が新卒者の採用活動を一定期間に集中して行う為、
学生の就職活動の時期もその時期に合わせて仕事探しを
行うことになりますが、
新卒サイトも会社の採用活動のペースに合わせ、
掲載情報量が時期よって大きく変わっていきます。

『新卒サイトは時期によって掲載情報量が変化していく』
このポイントを踏まえて、新卒サイトでの仕事探しを
進めて行かなければなりません。

 

大手新卒サイトは、毎年10月に本格的にオープンします。
オープン当時は、だいたい4,000社ほどの採用情報が掲載されています。
そして、各会社の採用活動がピークとなる年明けは、
7,000社もの採用情報が掲載されます。

7,000社ってすごいですよね。
1つの新卒サイトでこれほどの掲載数となりますので、
あまり多くのサイトを利用するとかえって、情報数が多くなりすぎて
サイトばかりをチェックすることになってしまい、
他の就職活動が進まなくなることが予想されます。

就職活動最盛期には、エントリー数、応募数、説明会参加数が
ふくれあがり、多い人では100社前後の会社と新卒サイトを通じて
連絡のやり取りをすることになります。

1つ2つのサイトであれば、日々確認して、
会社からのメールもすぐに対応できると思うのですが、
多くのサイトを利用するとそれも大変になりかねません。

会社からのメールに対応が遅れてしまうことは、
就職活動では避けなければならないことです。

対応が遅れるということは、その応募者の意欲、意識の無さと捉え、
採用担当者の評価を明らかに悪くします。

しかし、だからといって、1つの新卒サイトに絞るのも危険です。
掲載件数が7,000社あるからと言って、
新卒者の採用活動をしている日本中の会社が
全て掲載されているとは、言えないからです。

あなたが利用しているサイトに希望する会社の
採用情報が掲載されていない場合だって、十分考えられます。
これは、大手企業でも考えられることです。

でも、掲載していないからといって、希望する企業の
仕事探しを諦めてはいけません。

それを防ぐためにも、
新卒サイトは、2つのサイトを利用することをオススメします!

2つのサイトなら、会社からのメールの対応だって、
毎日2つサイトをチェックすれば良いのですから、
何とか大丈夫ですよね。


ただ、2つの新卒サイトを利用しても、希望就職先の採用情報を
入手できない場合があります。
その場合は、どうすれば良いでしょうか?

この場合は、会社のホームページを見ておく必要があります。
新卒サイトで採用情報を掲載していない会社は、
自社のホームページに採用情報を掲載されていることが多いようです。

さらにそれでも見つからない場合は、その会社の総務部や人事部に
直接電話で確認する必要があります。

新卒サイトに掲載がないからと言って、採用活動をしていないとは、
言い切れませんので、注意しましょう。


 


就職なら「いい就職プラザ」!
個別相談・インターンシップ・会社研究やスキルアップセミナーで
あなたの就活をサポート。


 

Amazon『適職診断』関連人気書籍
絵でわかる適職診断
職業適性自己診断テスト―自分に合った適職・転職が分かる
適職診断BOOK

適職診断コンテンツは、手軽に利用できますが、
『ここはじっくり適職診断をしてみたい。』と言う人には、
適職診断関連書籍をオススメします!!

適職診断関連書籍を読み進めることで、
適職を確認できるだけでなく、

・自己分析もまとまる。
・業界(仕事)研究もできる。
・志望動機、自己PR文も作成することもできます。
など、仕事探しには、必ずプラスになることばかりです!

適職診断をきっかけに、仕事探しが大きく進み始めるでしょう。

 

『賢い仕事探し!就職、転職サイト徹底活用法』